1-677-124-44227
info@your business.com
184 Main Collins Street
Follow us on instagram

仕事とゴルフ

V’Works 中村です。

コロナ禍でも密をある程度避けられる娯楽として若者の間で人気が高まっているゴルフ。

現在28歳の僕もクラブを握ったのは2年前のコロナが流行した頃でした。

ゴルフを始めた理由はまさに上記の通り、練習場でもゴルフ場でも密を避けることができる、ウィズコロナのライフスタイルに合致したためです。

 

ゴルフを始めて2年と間もない僕ですが、仕事とゴルフには実行する中で極めて共通部分が多いと感じます。

コースの内容を見て一つ一つのプレーを考えその一打に集中しショットをする。

そしてその結果をフィードバックし上達のためには何が必要なのかを考える。

次のホールに行ったら新たにプランを立て実行(挑戦)していく。

某著名人が《1ホールの中に人生の全てがある》と言っていたようですがまさにその通りだなと。。

また、ゴルフは怖いくらい性格があらわれ、何より良さを培えるスポーツです。

スコアが悪かったら誤魔化す人、人が打つタイミングでも後ろで話している人、卵を産む人(見つからないボールをポッケから出すこと)、ミスショットでイライラが収まらない人、人のミスを喜ぶ人。

より良いゴルフをするためには自分は何をするべきか、その中でも相手の立場や気持ちを考えられる人間性が重要です。

ゴルフ界のレジェンド、タイガー・ウッズは相手のパッド中に「入れ!」と応援していたそうです。

相手のミスを願ってしまうとマイナスの戦いが始まるため、もし外した時に次のプレーでプラスなスタートで切れなくなる、というわけです。

僕もマイナス(ネガティブ)ではなくプラス(ポジティブ)な思考で相手の立場や気持ちを考え、

これからも【仕事とゴルフ】を思う存分楽しんでいきたい。